3つの1分間スピーチ

失敗を恐れない心

人は成功に向かい努力をします。成功を求めると失敗の重さを知ります。結果がもたらす成功と失敗は、紙一重の距離に存在しており共通点があります。前進する事です。失敗を恐れて前進しないのでは全く何も生まれません。失敗でその人自身を責めることはありません、なぜなら失敗は学び身に付けることができる唯一の教材だからです。同じ過ちを繰り返す事がない様に、失敗から学ぶ事ができれば、それは自分を活かすことに。失敗を1人で留めるのではなく、みんなで知ることができれば、人を活かすことに。失敗を恐れない心を育み、みんなでどんどん前進していきたいと考えます。

挑戦する心

前進するには不安がつきものです。その不安から逃れる事は待っていてもできません。逃れる為の考えを巡らせるなら、逃れるアイデアに時間を掛けるくらいなら、ほんのひと時でも挑戦してみる事に思いを向けてみませんか?不安を感じている時は、決して有意義な時間ではありません。「不安を感じ続けていたいか・いたくないか?」不安を解消するには一歩踏み出してみる、それだけでいいのではないでしょうか。足を一歩踏み出し見えなかった場所に立ってみると、そこはもう立てると自らわかっている場所となります。人は立てるとわかっている場所には安心を感じます。振り返って見ると、自分が踏み出した勇気を知ることができ、それが自信となります。自信は自分を信じる事であり、それはきっと挑戦する心から生まれるのだと考えます。

諦めない心

自分にはできない、無理だと決め付ける事で諦めてはいけません。諦めてしまう事は、できない結果を生み出します。できない壁は建てられたものではなく、自ら建てたものです。自ら立てた壁で決して諦めてはなりません。できない壁は諦めなければクリアできます。「諦めない」から苦しさや厳しさを連想していませんか?それは違います、なぜならスポーツのような勝負事ではないからです。仕事を行う上での「諦めない」は、その局面でのアイデアや発想を生み出す事を指します。アイデアを思いついた時をイメージしてみて下さい、嬉しい表情になっていませんか?仲間とアイデアを出し合っている場面を想像してみて下さい。楽しそうな雰囲気を感じませんか?1人で壁を超えても嬉しく感じる事ができるなら、みんなで超えたらもっと楽しいのではないでしょうか。みんなで支え合い助け合う事は、人を喜ばせる事を楽しむとも言えます。

タイトルとURLをコピーしました